ページトップへ

大分市のマイクロスコープによる世界レベルの歯科治療は【あべ歯科クリニック】へ

あべ歯科クリニック
0120-25-8469
午前の受付/09:00〜12:30
午後の受付/13:30〜16:30
お知らせ
News

HOME > お知らせ > セラミック治療は材料だけではうまくいかない

セラミック治療は材料だけではうまくいかない

https://www.youtube.com/watch?v=-SENjrDcwug

 

セラミック治療はほとんどの歯医者でやっている。

しかし何処も同じだと思ったら大間違い

 

術前術後の写真なんて重要だけど本当はどうでもいい。

モノの写真も重要だけど本当はどうでもいいとさえ思っている。

 

いくらでも細工できるし、 どれくらい持つかなんて解らない。

 

セットしたては綺麗に決まっている。

 

たまたま永く持つのもあるだろう。

 

根管治療も同じ。

根管充填のレントゲンだけでは何も解らないのです。

 

ラバーダムをしていなくても

綺麗な根管充填されたレントゲンは撮れる。

 

保険診療では何よりそれが重要とされるが。。。

 

どうなったのか、より

どのようにしたのか。

 

これが大事だと思っています。

 

 

セラミック治療のチェアサイドでのポイントは

 

①スムーズなフィニッシュライン

②エナメル質の確保

②丸みのある隅角

③適切な厚みの確保

④象牙細管の封鎖

⑤精密な印象採得

⑥段差、隙間のない修復物の確認

⑦歯面処理・セラミックスの表面処理

⑧防湿(ラバーダム)

⑨十分な光照射による重合、セメンティング操作と取り残しのないセメント除去

⑩レントゲンによる最終確認

 

 

セラミックを使うだけで自由診療だが内容は皆全然違う。

 

臨床的に問題ないとか言って手抜きされてないですか?

 

タチが悪いのは

本人は手を抜いていると思っていないことです。

 

 

ルーティーンで行なっていることがすごく大事。

なかなか急にはできないんですよ。

 

ちなみにセラミック治療じゃなくてメタルでもおんなじ。

 

銀歯だとむし歯になるからセラミックにしましょうとか。。。。

 

銀歯でむし歯になるならセラミックでもなりますから。。。

 

 

あべ歯科クリニックの顕微鏡歯科では

上記のポイントほぼ全てを

患者さんと一緒に確認、説明することができます。