ページトップへ

大分市のマイクロスコープによる世界レベルの歯科治療は【あべ歯科クリニック】へ

あべ歯科クリニック
0120-25-8469
午前の受付/09:00〜12:30
午後の受付/13:30〜16:30
動画ギャラリー
Gallery

HOME >動画ギャラリー

動画ギャラリー

コンポジットレジン

上顎第一大臼歯・精密むし歯治療・コンポジットレジン充填

17歳男性

Cold test  +

Nomal Pulpと診断し治療開始

Appointment 1day

Chair time    60min

 

本来むし歯治療は非常に難しい治療です。

感染象牙質の除去もどこまでするべきかは今だに様々な考えがあります。

 

治療計画に合わせてう蝕検知液とスプーンエキスカを用いて除去して行きます。

 

一番のポイントはリーケージが起こらないように確実な接着で封鎖することです。

 

大分市医療法人AUN
顕微鏡歯科治療専門医
安倍憲一

精密根管治療

リトリートメント・下顎第2大臼歯 再根管治療

56歳男性

2次カリエス

噛むと違和感がある

 

Previously treated

Symptomatic apical periodontitisと診断

Appointment   2Days

Chair time     210min

 

発見されていない根管が感染源であることが多い

 

大分市医療法人AUN

精密歯科治療専門医

安倍憲一

VPT(Direct)・上顎第2小臼歯直接覆髄

42歳男性

2次カリエス
自覚症状なし

Cold Test  プラス

メインテナンス時にインレー下に大きな2次カリエスを認めるものの

Nomal pulpと診断し治療開始

 

VPT,レジン充填で仮封まで

Appointment 1day

Chairtime  60min

 

 

 

予想より感染は大きく露髄をきたす。
診断はNomalだった為MTAセメントを充填し経過観察をすることとした。

 

患者の年齢を考慮した治療選択をする必要がある(歯髄血管が加齢により繊維化する為

この症例も歯髄腔はすでにレントゲンで確認しにくい。。

しかし、若ければ有利だとはいえ、何歳以上は禁忌だという治療でも無い。

患者に十分説明して納得し、患者さんも希望し、長期に経過を追わせていただけるなら、

成人でも歯髄温存療法(Vital Pulp Therapy)に挑戦してもいいのではないか

 

大分市医療法人AUN

精密歯科治療専門医

安倍憲一

 

 

 

 

リトリートメント・上顎第一小臼歯再根管治療(破折リーマー除去)

56歳女性

根尖病変・臨床症状なし。

Previously treated

Nomal apical tissuesと診断し
修復治療予定の為、予防的再根管治療を選択されました。

 

再根感治療、グラスファイバーレジン築造、テンポラリークラウンまで

Appointment 2Days

Chair time    180min

 

術前に症状やレントゲン像で病変が無くてもしっかりとした歯冠修復を行うと

リーケージ(漏洩)がなくなる為か根尖病変ができる事を経験します。
再修復や外科的歯内療法のリスクを少しでも下げる為、

レントゲン的に問題のある根管治療済み歯は予防的な精密再根管治療をお勧めしています。

 

 

大分市医療法人AUN
精密歯科治療専門医
安倍憲一

リトリートメント・精密再根管治療(大臼歯破折リーマー除去)

60歳女性

病変なし、症状なし、2次カリエス

 

Previously treated

Nomal apical tissuesと診断
歯冠修復治療前の予防的再根管治療を選択されました。

 

再根管治療、グラスファイバー&レジン築造、テンポラリークラウンまで

Appointment 2day

Chair time    180min

 

不適合な補綴物では漏洩で根管内が感染している可能性が高まります
クラウンを外してコアの周囲が感染していれば尚更です。
大臼歯はMB2や樋状根と歯根の形態が非常に複雑で難易度が高くなります。

少しでも成功率を高めるために精密根管治療をお勧めしています。

 

大分市医療法人AUN

精密歯科治療専門医
安倍憲一

イニシャルトリートメント・精密根管治療(根尖性歯周炎の予防的抜髄)

62歳女性

冷たいものがしみる

Reversible pulpitisと診断し治療開始

当日根管充填、レジン築造

 

Appointment 1Day

Chair Time    100min

歯髄を温存するかどうかは多くの条件を考慮して意志決定します。

 

今回はカリエスが大きく術前に説明していた

Asymptomatic irreversible pulpitis

である可能性が高いということと、患者の年齢を考え抜髄しました。

 

ラバーダム防湿、滅菌された器具。可及的に無菌的な処置を行えば90%以上で根尖性歯周炎の予防が達成されます。

ちなみに日本の平均的な成功率は50%以下と言われています。

神経を取ったら歯がダメになるというのは本当でしょうか?

 

初めての治療こそ精密歯科治療をお勧めしています。

 

大分市医療法人AUN

精密歯科治療専門医
安倍憲一