ページトップへ

大分市のマイクロスコープによる世界レベルの歯科治療は【あべ歯科クリニック】へ

あべ歯科クリニック
0120-25-8469
午前の受付/09:00〜12:30
午後の受付/13:30〜16:30
お知らせ
News

HOME > お知らせ > むし歯は何処まで削ればいいのか⑦

むし歯は何処まで削ればいいのか⑦

むし歯は何処まで削ればいいのか⑦

厚生労働省の社会医療行為別統計で

成功率の低い直接覆髄の件数が10年で3倍になっている

 

そこには必ず理由があるだろう

 

う蝕検知液が一般化してきていることと

2007年に日本でMTAセメントが発売されるようになった。

 

魔法のクスリが発売されたと

多くの歯科医師が飛びついたのかもしれない。

 

 

 

直接覆髄をする必要があったのか、なかったのか。

できなかったことができるようになったのか

やるだけやったけど失敗しているのかは判らない。

 

日本の歯髄診断をしないむし歯治療と

日本のラバーダムをしないむし歯治療

直接覆髄の予後、成功率はどうなのか。

 

ミニマムインターベンションがきちんと伝わっていない日本で

診査診断も無く非科学的に

ただ神経を残したほうがいいと

安易に考えていないか?

 

抜髄したほうが良かったのではないか?

 

 

自分も初めのドリルを持つ歯科医師だから。

日々、本当にいいのか?正しいのか?もっといい方法はないのか?

と疑問を持ちながら臨床と向き合うことが大事だと思うのです。

 

 

 

 

Rickettsらのシステマティックレビューでは部分的なう蝕除去を推奨しているし

2015年の国際う蝕コンセンサスコラボレーション会議でも

従来のう蝕組織を完全に除去することは推奨されない

とされている。

 

 

エビデンスのないこの分野でひとつ言えることは

拡大明視野、つまり

マイクロスコープ下でのエキスカベーション

軟化象牙質除去の除去、

もしくは確認に必須だということでしょう。